土地活用方法の種類

土地を持っているだけでは、宝の持ち腐れです。
不動産は、保有しているだけでは保有コスト、相続経費、維持経費がかかります。
負担を減らすためには土地を有効活用しなければいけません。
大切なのは目的です。
「どういった活用を目的とするか?」一般的な土地活用目的といえば、固定資産税や所得税、相続税での優遇処置を受けるため、生活設計のための安定的な収益を得るといった目的があります。

賃貸経営も良いですし、土地を次世代に受け継がせたいという考えもOKです。
土地活用することは、自分自身だけにメリットがあるのではありません。
経済を活性化させて社会的な貢献にもつながりますし、税制面では優遇を受けるものの国のためにもなっていると考えることができます。
また、土地を活用することで安定的な収入を得ることが簡単にできます。
不動産事業をしたことがない素人でも、簡単に賃貸経営ができるようになっています。
将来の私的年金替わり、保険代わりとしても良いですし、長期間の収入源として老後は安心した生活が送れますね。

税制面に関しては、更地や遊休地に住むことができる建物を建てると固定資産税が軽減されます。
年間保有コストが節税できるというわけです。
持っているだけではお金がかかりますが、土地は有効活用すればお金が入ってくるようになるのです。
地方自治体としても、土地商社には土地を上手く活用してほしいと考えています。
今現在土地を保有している方は、上手な活用方法を当サイトから学んでいきましょう。

Copyright © 2014 土地活用法の種類 All Rights Reserved.