TOEICのためのトレーニング実践例

TOEICとは、英語コミュニケーション能力を評価するテストです。読む、書く、聞く、話す、の四技能をスコアで評価します。机上の学習よりも実際の英会話力が問われ、留学後のスコアは確実に良くなります。英語学習者はもちろんですが、ビジネスで実際に英語コミュニケーションが必要なビジネスパーソンも受ける英語のテストです。企業が定期的に社員に受けさせるほど信頼できる英語のテストです。1回毎にスコアが変わるので、継続した学習が大切です。現在の自分の英語コミュニケーション能力はどの程度なのかがわかり、毎回目標スコアが設定できます。ずっとスコアが上がるだけではなく、時には前回のテストよりも下がる場合もあります。目標を設定したら、テストの日までに効率よくトレーニングすることが大切です。TOEICを効率よくトレーニングする方法を解説します。

TOEICのトレーニングにはインターネットが便利

一言にTOEICの学習といっても、実際の英会話スクールに通学する人、CDなどを視聴する人など様々です。どのような学習方法を取り入れている人にも外せない学習方法は、インターネットを利用する学習方法です。無料のチャットを利用したネットの英会話スクールを利用すると、英会話スクールに通学する交通費がかかりません。料金は、欧米のネイティブスピーカーは高めですが、通学する英会話スクールよりは割安です。東南アジア、特にフィリピン人の講師の場合は、欧米人と比較すると格段に安く、料金は非常に魅力的です。英会話ではなく、読み書きの学習にスポットを当てて学習したい人には、無料や格安の英語学習サイトがあります。手軽にスマホだけで学習できるサイトもあり、日頃忙しく生活している現代人にマッチした学習方法と言えそうです。

TOEICのトレーニングは継続が大切

英会話スクールに通うにしろ、英語学習サイトを利用するにしろ、言語習得には時間がかかります。1度だけの勉強、また、日本国内で1か月程度の区切りをつけた学習で結果が出るものではありません。半年から1年単位の継続した学習を行うことが大切です。TOEICテストは毎月行われています。やみくもに毎月テストを受けるのではなく、1日2時間程度の学習を毎日継続してみましょう。そして2、3か月毎にテストを受けてみて、どの技能が苦手なのかを把握し、苦手範囲にスポットを当てた学習をしましょう。次の結果が納得のいかないものであれば、学習時間を増やし、苦手範囲の見直しなどを行いましょう。英語は学習すればするほど効果が現れます。思い切って、日常生活を英語漬けの生活に変えてみるのも一つの方法です。