TOEICで確実に点をとるためには

日本人の多くの方がTOEICで苦戦しているのがリスニングです。TOEICの公式問題集を沢山解いたり、音声をひたすら聞き続けた方もいると思いますが、リスニングで点を取るためにはちょっとしたコツがいるのです。TOEICの単語を沢山覚えることでリーディングやリスニングを克服する勉強方法もありますが、TOEICで満点を獲得している人でも英単語を全て知っている人はなかなかいないでしょう。リーディングやリスニングでも問題全てを聞いてはいません。それなのに点数が取れるということは、英語ができる人、TOEICのトレーニング方法を知っている人が実践しているコツがあるのです。そのコツを理解すれば、たとえ勉強時間が短期間でもリスニングで高得点を取ることも夢ではなくなってくるのです。

TOEICの点数をアップさせるコツとは

TOEICのリスニングが苦手な人は、早くて聞き取ることができない、音声が一度しか流れない為聞き逃してしまった、最後の方の単語しか覚えていないという特徴があり、何と言っていたのか思い出すことすらできないというパターンにまで陥っている人もいます。英語の内容を瞬時に理解することができず、聞き逃した状態で何となく答えた結果、スコアを落とす方が大半です。その様な聞き逃しを無くす方法に、最初の3音を聞き取る癖をつけることです。リスニングの効果的な勉強方法として、最初の3音だけに集中して聞き取りをするトレーニングをすることで、英語の瞬発力が身に付けられます。日本語は後半に耳を傾ける言語であるため、最初の部分を聞き逃す方が多いのです。しかし英語では前半に重要な意味があるため、効果的な勉強方法となるのです。

TOEICの勉強法は3音からステップアップすることも重要です

最初の3音を聞き取ることはTOEICだけでなく、ビジネスなど英会話を必要がとしている方にはとても効果的な方法となります。なぜ最初の3音が重要なのかというと、最初の3音に主語と動詞が含まれていることが多いからです。「Do you like」では、好きかどうかを聞かれています。主語と動詞が分かることで何について聞かれているのかを理解することができ、大まかな内容を捉えることが可能となるのです。3音の聞き取りのトレーニングを集中して行ったあとのステップアップとして、最初から動詞までを聞き取る方法があります。英語の中には3音までに動詞が含まれないケースもあります。そのため動詞までをしっかりと聞き取ることができる勉強法をすることで、リスニングの点数が格段にアップします。